部屋を紹介する男性

住宅を手に入れたいと考えた場合に、選択肢としてあるのが新築と中古であり、また新築でも建売住宅と注文住宅といった違いがあります。さらに建売でも計画段階から購入するケースもあれば、すでに建てられたものを購入するというケースもあるなど多様です。そもそも新築の定義としては、竣工後1年未満でかつ未使用の物件とされており、出来上がってから1年以内で誰もその間に住んでいないものを指すものであり、それらに該当すれば新築と名乗ることができます。

おすすめの購入方法は、希望や予算によって左右されるもので、こだわりの家を求めるのであれば注文住宅の方が有利です。注文住宅の場合には土地の用意から設計、また設備の品質まですべてを選ぶことができるもので自由度が高く理想の家を作ることが出来ます。ただし、家作りというのは簡単なものではなく、価格が折り合わなかったり思わぬトラブルで工期が遅れるといったケースも珍しくはありません。このため注文住宅の場合には理想とする家を手に入れられる反面で、トラブルが起こるリスクがあることに留意しておく必要があります。

建売住宅の場合には、すでに建てられている家を対象としており、たいていの場合には複数の家を同時に売り出すこともあって、工期が間に合わないとか、建設途中で価格が上がるということはほとんどありません。ただし、価格が安い場合には自由度が少なく、こだわりの家がほしいといった場合にはやや不向きです。しかし、まったく自由度がないわけではなく一部では間取りを変更することができたり、設備のグレードを上げるといったことが可能なものもあります。

違いとしては、注文住宅は一から作り上げるのに対して、建売住宅は完成したものまたはある程度、出来上がったものを購入するということです。どちらにも一長一短がありますが、その人によっておすすめするものは変わってきます。すでに家を建てるべき土地を確保しているような場合には注文住宅で家を建てるのが一般的な方法ですし、土地を含めて購入するのであれば建売住宅の方がスムーズに家を手に入れることが可能です。こだわりの家を目指すのであれば注文住宅の方が断然有利ですが、間取りをある程度変更できる建売住宅で妥協するというのも方法になります。いずれにしても、家を購入する時には自身の考えるニーズと、それに対して支払える価格を考えて行うことが失敗しないためにも大切なことです。